【大江戸骨董市】

大江戸骨董市は「有楽町・東京国際フォーラム」と「原宿・代々木公園ケヤキ並木」で開催されている、日本最大規模のアウトドア骨董市です。

 

【次回の開催】

3月29日(日)の大江戸骨董市は、コロナウイルス感染予防のため、中止させていただきます。今は、感染拡大を防ぐことが重要であるとの判断です。

Event on March 29 is canceled due to Covid-19.

 

次回の開催は、4月12日(日)東京国際フォーラムで、臨時開催を予定しております。

 

【新着情報】

3月29日(日)の骨董市は、中止になりました。

Event on March 29 is canceled due to Covid-19.

 

4月12日(第2日曜日)に臨時開催の予定です。

 

重要なお知らせ

東京国際フォーラムはオリンピック・パラリンピックの会場になっています。

そのため、準備期間もあり、2020年5月~8月は骨董市はお休みの予定でしたが、

オリンピックが延期になったので、骨董市開催スケジュールが変更になる可能性があります。引き続き、ホームページ等で最新の情報をご確認ください。

 

10月4日(第1日曜日)・10月24日(第4土曜日)に大江戸骨董市開催の予定です。

10月18日(第3日曜日)は会場の都合でお休みの予定です。

  

2018年6月1日に種の保存法が改正されました。骨董業者さんは、法令を遵守してください。

特別国際種事業(ぞう科の牙及びその加工品)について

法律改正のポイント
象牙(製品)の取引をされる方は、特別国際種事業の登録が必要です。骨董市で事業者が取引をする場合、スペースに登録番号等を表示しないといけません。

したがって、登録をしていない事業者は、市場で取引できないのはもちろんのこと、登録番号等を表示しておかないと法律違反となります。