大江戸骨董市

大江戸骨董市は「有楽町・東京国際フォーラム」と「原宿・代々木公園ケヤキ並木」で開催されている、日本最大規模のアウトドア骨董市です。

 

 

次回の開催

次回の大江戸骨董市は、7月1日(第一日曜日)有楽町・東京国際フォーラムで、

9:00~16:00での開催を予定しております。

皆様のご来場をお待ちしています。

 

 

新着情報

今年の大江戸骨董市のうちわが出来上がりました。

大江戸骨董市の会場でお配りしますので、是非いらしてください。

 

7/1(日)、7/15(日)、8/5(日)  9:00~16:00

※うちわは無くなり次第配布終了です。

 

 

 

6月1日から種の保存法が改正になります。骨董業者さんは、法令を遵守してください。

大江戸骨董市の規約に、種の保存法遵守の項目を追加しましたので、ご確認ください。

法律改正の概要及びQ&Aについて記載されたサイトは以下からダウンロードできます。
改正種の保存法に関する概要
申請書、表示用ひな形などは以下からダウンロードできます。
特別国際種事業(ぞう科の牙及びその加工品)について
法律改正のポイント
象牙(製品)の取引をされる方は、特別国際種事業の届出が必要ですが、
6月1日以降、骨董市で事業者が取引をする場合、スペースに届出番号等(登録番号等)を表示
しないといけません。(6月1日以降は、「届出」は「登録」)となります。 したがって、届出(登録)をしていない事業者は、市場で取引できないのはもちろんのこと、
届出番号等(登録番号等)を表示しておかないと法律違反となります。

 

9月16日(第3日曜日)は会場の都合で骨董市はお休みです。

代わりに9月23日(第4日曜日)に特別開催をします。